• ホーム
  • SEO対策におすすめなワードプレスとは?

SEO対策におすすめなワードプレスとは?

SEO対策に強いとされるテーマは、実際の問題としてどのようなことが優れているのかを知る必要があります。SEOの面から見て必要なポイントが抑えられていることや、それに強いテーマということはプラグインを導入することが大切です。基本機能としてもともと備え付けられていることもありますが、ページの読み込みが速くなったり、パンくずリストが設置されているケースもあります。
コーディングが適切に行われていることや、モバイル表示が適切な形で行われていたち、関連記事の表示が正しい形でデフォルト設定されているか確かめます。このようなポイントがデフォルトで備え付けられている場合は、基本的にSEO対策として強いテーマになります。CMSなど全てを自分設定症とすれば、たくさんのプラグインを導入する必要がありますし様々なコードの記述も必要です。全てを完了させていることが大切でサイトを運営していく時間を短縮して、効率よく進めていくことができます。この対策でおすすめされるワードプレスは、All in One SEO Packやcanonicalなどがあります。
内部対策を行うときにクローラーがサイト内を巡回しやすいような構造を作ることもできますし、内部リンクの最適化にあっています。このように強力な内部構造を作ることが大切で、それを行うにはある程度の個人的な知識が必要です。強いテーマはAll in One SEO Packやcanonicalなどで対応していきますが、知識がそれほどなくても無料で対策をとることができます。
ブログなどを立ち上げる時は特に、noindexやCMSも活用していき内部対策を行います。さらにデザインが優れている面もありおすすめされますが、ワードプレスはユーザーから見てコンテンツが読みづらいケースを改善します。見た目が良くないコンテンツやブログであれば、ユーザーがページを開いてもすぐに離脱してしまう可能性が高いです。noindexを活用し強いテーマにしていくためには、たくさんのテクニックを重視しがちですが、シンプルに見た目の美しさやかっこよさもアクセス数に影響していることがわかります。テーマに関しては時代遅れのデザインだったり、ユーザビリティが高めのテーマかどうかも反映してきます。
CMSの面から見てもブログの制作に必要な機能が搭載されていますが、無料のものより有料であればテーマが細かく作り込まれていたり、オリジナルのカスタマイズ機能も優れている可能性があります。

関連記事