• ホーム
  • GoogleRankBrainの仕組みを理解しよう!

GoogleRankBrainの仕組みを理解しよう!

GoogleRankBrainは、検索クエリやブログ記事などのコンテンツの内容と関連性を判断する、人工知能ベースの検索アルゴリズムのことを指しています。導入された時から機械学習というコンピューターが、学習していくシステムを取り入れている人工知能です。検索アルゴリズムでは被リンクにも影響してきますが、サイト得度やコンテンツの質なども自動的に判断していく効果があります。
検索アルゴリズムの要素でもある人工知能ですが、その存在自体がふさわしいです。GoogleRankBrainはGoogleアルゴリズムの中でも、特に重要視されてきたもので、役割も多くのものに影響してくるのでSEO対策を進めていきやすいです。サイトパフォーマンスの向上にも繋がることから、サイトを運営していく上で成功率を高めることにも注目を浴びています。
検索順位やユーザーがサイトにいる滞在時間なども、GoogleRankBrainは自動的に理解します。これらの変動は検索ユーザーが検索窓に入力するキーワードの意味を理解しながら、その語句に合っているコンテンツを探し出すことです。検索クエリにマッチしたコンテンツをつなぎ合わせる大きな役割を持っているので、離脱することがありません。
サイトを運用していくことでユーザーのサイトへの滞在時間はとても重要なものとされ、人工知能がしっかりと働きます。また検索順位の上位表示をさせていくためには、CTRの面でも特化している必要があります。語句と変動しながら検索してみることで、GoogleRankBrainの離脱を確認することができます。CTRを取り入れると特に有利になりますが、検索クエリに対して関連性の強いコンテンツが表示されるような仕組みです。
コンテンツとの関連性を考慮するにあたって、検索アルゴリズムでもあるGoogleRankBrainがその同義語を理解していると言えます。サイトの検索順位は気になる部分ですが、コンテンツや内部状況も大切で上昇するには必要な対策です。この仕組みや役割に影響することが大切ですが、SEO対策を行うときにも重要な視点となっています。検索ユーザーの滞在時間や、入力している語句との関連性が高いコンテンツを見つけることが大切です。Googleが重要視していることでもありますが、検索クエリとコンテンツの関連性は毎回注目を浴びていて、さらに人工知能を使用したアルゴリズムが活躍します。

関連記事