• ホーム
  • Googleアップデートで中古ドメインの順位は下げられる?

Googleアップデートで中古ドメインの順位は下げられる?

PCで作業している人

Googleアルゴリズムのアップデートが行われたときに、検索順位が突然下がることがあります。それは正しいサイト運用をしていても、アップデートによりアルゴリズムが変更されるので、それに沿っていないことから検索順位の内容を変更されることになります。基本的なことはユーザーに対して利便性のある内容のコンテンツを作成し、常にオリジナリティがあることです。
似たようなコンテンツがあったりすると、似せられているとしても関係ないので検索順位が下がることになります。この時はサイトの見直しをしていくことが大切ですし、常にGoogleアルゴリズムを意識したサイトを作っていきます。効率的なサイト運用のためには、次々と行われるアルゴリズムのアップデートに対応していくことです。
正しいサイト運用の視点から、理想的な運用体制を考えることになります。独自のサイトでオリジナリティがあることが大切で、コンテンツをコピーしているものや似通った内容のものは、検索順位の下降に拍車をかけます。正しいサイト運用はしなくてはいけないことが基本的に多いですが、アルゴリズムを意識して様々な分析を行いながら行っていきます。コピーされた側でも関係ないとし、ペナルティが課されることもあるので注意が必要です。重要なことは常にオリジナリティのあるコンテンツであるかどうかで、ユーザーにとっても有益な内容であることです。サイトの見直しをコンスタントに行い、少しでも検索順位に影響がないか確認して言います。
大きな課題となっているのは、サイト運用に対して制限されることが多いことです。アルゴリズムを気にしすぎて内容に面白みがないコンテンツになる可能性もあるので、意識することは特にユーザーに対して利便性があるかどうかを指標にしていきます。重要な部分はここなので取捨選択を行いながら、正しいサイト運用を行っていくことが理想です。
ユーザーに対してコンテンツを運用しても、その兆候に合わせているものではないことや、提供すべき価値が明確になっていないのでぶれることになります。ユーザーという存在はなくてはならないものなので、その価値や正しいサイト運用を議論したところで意味がありません。ユーザーを意識することで必然的に、Googleのアルゴリズムに沿ったコンテンツになるので検索順位も急激に下降するリスクを避けることができます。アップデートされる場合は常にそれを意識していきます。

関連記事
人気記事一覧