• ホーム
  • 長いURLはSEO的に不利って本当?

長いURLはSEO的に不利って本当?

クレジットカードを使用する人達

SEO対策を行うことでコンテンツの内容が大切なことはもちろんですが、Googleの検索アルゴリズムの観点から見ると長いURLはとても不利になると言われています。たくさんある検索アルゴリズムですが、SEO対策とURLの関係はとても身近になっています。ユーザーの検索ニーズの中で単一のワードで検索を行う場合、階層は浅い方が良いとされURLの深さが大変関わってきます。
URLに関してユーザー自身は深さについてあまり興味を持っていないことになりますが、サイトは外部ユーザーにはわからない数字を入れていることもあります。実際に検索する時、表示されるページを開くと様々なことがわかります。浅いものはユーザーから見ても入力しやすかったり、理解しやすく覚えやすいというメリットがあります。
URLの階層は浅いものであれば絶対的に有利とは言えないですが、さらに長さが短い方が有利とも言えない状況です。管理している人しかわからない内容で、数字などが入っているケースもあり上位で表示されています。実際には不利と言われているものが上位に表示されているケースもたくさんあり、内容の理解が難しくなります。これらの予測は全て否定されるケースもありますが、実際に作成して見なければわからない部分もあります。SEO対策や階層がどのくらいの結びつきがあるのかを知ることも大切で、この観点から見ると検索順位には直接的な関係がないことは否定できます。
Googleでも明言されていることであり、浅い方がクローラーが来やすいということで、インデックスがされにくいとアドバイスしているケースもあります。実際には全く関係がないので、自分が好きなものを使うことになります。トップページからのリンクで、そのページにユーザーが流入すればリンクとしては浅い傾向にあります。これこそユーザーに利便性があり行動に合わせている、Googleアルゴリズムとなっています。検索順位を上げることを目的にすれば、少数のクリックでもある程度は到達できるようになります。
物理的な面から見ても長さはほぼ考慮されないことは、確実には言い切れない部分もあります。初めのディレクトリ分けでも問題ないですが、分類が比較的多くなると影響が出て来ます。Googleアルゴリズムでも長いものは、ユーザーが敬遠しがちになりますし一般的なものはそこまで多く区切る必要がありません。クローラーが見つけやすいという意見もありますが、検索順位へは影響がないといえ、過度な分け方は避けた方がリスク回避につながります。

関連記事