• ホーム
  • 新規ドメインのメリット・デメリットを考えよう!

新規ドメインのメリット・デメリットを考えよう!

PCのマウスパッドを使う女性の手

新しいサイトをリリースするときには新しいドメインを取得して作成することがありますが、ドメインエイジがないので質の高いコンテンツを継続的に作っていくことでSEO効果を期待することがあります。新規ドメインはSEO対策では不利になると言われていて、その理由としてはドメインエイジでの評価がないからです。
一般的に言われるものは検索エンジンで順位の上昇がすぐに行われず、インデックスもされない可能性があります。若すぎるドメインを弾く効果があるアルゴリズムが働くことで、このような現象が起こります。同じ内容のコンテンツがあっても、ドメインが新しいというだけで検索エンジンの上位表示ができません。これが新規ドメインを利用する上での大きなデメリットになりますが、それでも取得する人は遅いですが存在することには訳があります。基本的にドメインを取得するときは、定期的にコストがかかってきます。運営しているサイトがあればそのURLにて、サブドメイン・サブディレクトリなどを活用していく方法もあります。
これはSEO対策にデメリットである新規ドメインでも、時間やコストをかけることなく取得できます。それでも欲しいケースがあり、新しいプロジェクトなどを立ち上げる際は長期的な視野を考えて始めます。このときに新規ドメインを取得して、将来性を考えながら一からブランドを確立していくことができます。基本的にサイトとドメインのテーマと一致していることが大切で、コンテンツの内容は常にオリジナルのものである必要があります。ドメイン名もテーマと一致していることが、ブランド確立には大切です。
中古ドメインを使ってサブディレクトリを使用するのは、気軽で楽ですが一般的に考えるとそのような適当さを見透かすユーザーも多いです。運営する側からしても新しいドメインで、気持ち新たに何かビジネスを始めようということで挑むことができます。この気分的な面が一番のメリットになり、多少のコストがあっても心機一転で始めるという新鮮な気持ちになることが可能です。すぐに成果を出すことが難しいですが、コンスタントにオリジナル記事をあげていき、ドメイン名もブランドにそったものをつけます。
検索エンジンで評価されるには時間がかかり遅いですが、他のサイト同様にされるまでには最短で2ヶ月はかかるとされています。長くて1年くらいかかるケースもあり、コツコツと行なっていけるのもメリットの一つです。将来性を考えるとペナルティの心配をしなくても良い新規ドメインの方が、ストレスフリーでサイト運営できるので安心できます。

関連記事
人気記事一覧