• ホーム
  • パーマリンクを設定する理由とは?

パーマリンクを設定する理由とは?

パーマリンクはサイトのページごとに設定しているURLのことで、前半ではなく後半の部分がパーマリンクと呼ばれる部分です。カテゴリー名や構造に沿って決めますが、最適な決め方などもあるので気軽に作成することができます。初期段階で設定する必要があり、パーマリンクはカテゴリー名を追加するたびに決めていきます。後から設定すればある程度の問題が生じるので、初期段階をリスペクトする必要があります。
他のページ内容からのリンクが無効になったり、SNSなどからのシェア数がリセットされるケースも報告されています。またSEO対策での評価もリセットされる可能性がありますし、リンクも無効になるという問題が起こるので理解しておく必要があります。ユーザビリティを意識した記事タイトルや内容を作っていくことで、ある程度の対策をとることが可能です。
また、ワードプレスなどを使用して対応していくことも可能ですし、固定ページを作っていくケースもあります。パーマリンクを変更することはURLを変更することと理解できますが、リンクが貼られている時はそれが無効化されるという意味です。自分のサイト内に設置している固定ページでの内部リンクであれば、URLを変更することも可能ですが外部サイトに貼られている時は修正が不可能です。
リンクの数はSEO効果に直結するという面で、全て無効化されることは大きなリスクがあります。ユーザビリティから見ても、シェア数がカウントされますがそれもリセットされます。ページ内容に関係なく行われますし、デフォルトとしてカウント数を用意します。決定の仕方についてはワードプレスにおける、ページの位置付けを考えることが大切です。
カテゴリー名を分けることでSEO対策でも影響しますが、適切な設定をするためには不可欠となります。できる限り英数字を使ったものにし、サイトによっては対応していないケースもあります。アドレスバーにはコピーした際に、エンコードのURLとして意味が無くなる確率が高くなります。ワードプレスにログインをすることで、設定をしていきますがデフォルトを選択すると記事番号を選択できます。
日付などの記事タイトルが設定されますが、カスタム構造の項目もしっかりと決めていきます。記事は内容がとても大切になりますが、ユーザビリティを意識してユーザーが読みやすく理解しやすい内容を作っていくことが、検索エンジンの上位表示に有利となります。

関連記事