• ホーム
  • キーワードの検索意図を調べることは可能?

キーワードの検索意図を調べることは可能?

コンテンツの質が最近では問われていて、たくさんのコンテンツを量産しても結果がほぼでない時代になっています。SEO対策をとる上でも質の高いコンテンツが重要視されていると言われていますが、質の高いコンテンツは具体的には、ユーザーにとって有益な情報が詰め込まれているコンテンツです。要約するとユーザーの検索意図を見極めることが重要で、それに応えるコンテンツが質の高いものだと判断されます。検索意図はユーザーがどのような感情や状況で、何を知りたいと感じ検索をするのかということです。
キーワードの裏側に込められている感情や意思のことで、それは大きく分類すれば取引型や情報収集型・案内型とも言えます。何かをしたい時などのタイトルで、誰かに対してアクションを起こしたいという意図が含まれます。またサイトにアクセスしたいという意図が、ユーザーの考えにあるものでそれらはタイトルに現れることが多いです。検索エンジンの上位表示にさせたいということで、どのようなことを知りたいのかや、疑問に感じたことを解決させるための情報も、意図が含まれているケースがあります。情報収集型の検索において意図を把握することは少し難しい部分があり、検索している人が知りたいことを汲み取ることが必要です。
内容の要約は簡単でもどのような意図で検索されている言葉で、検索意図を把握しながらコンテンツ設計をしていくかが問題となっています。上位表示されていても検索されているキーワードから、把握しながらコンテンツ設計をしていくことで、さらにコンテンツマーケティングに役立てることができます。SEO対策にとっても知りたいことを把握し、Googleでも最適な検索体験を提供するための工夫が必要です。検索結果をさらにためになるようなものにすることを認識して、人工知能などを活用したアルゴリズムを参考にします。
色々な検索の値を調査や分析していくことで、検索している意図を把握しコンテンツのさらなる改善を図ることが目的です。検索順位が下降した場合は回復させる必要がありますし、アクセスアップにも協力的になります。検索結果はニーズに合ったものが理想ですし、自然検索流入はさらに何倍もの効果を期待することができます。ユーザーのニーズは常に変わりますが、内容も向き合えているコンテンツを作ることでリピーターとしての確率も可能です。検索結果の上位表示を獲得するための検索意図を外さないようにします。

関連記事