• ホーム
  • アフィリエイトサイトは新規ドメインで始めるべき?

アフィリエイトサイトは新規ドメインで始めるべき?

PCのキーボードで入力している人

新規ドメインをアフィリエイトサイトで使用するときは、中古ドメインに比べると検索順位に反映される速度に時間がかかります。中古ドメインでサイトを運用している経験があると、さらに、それと照らし合わせることでGoogle検索順位の上位表示に関するSEO対策の面から見ても、結果的に反映されるのがかなり遅いです。これだけを見ると結果が出ないと捉えることもでき、好ましくないとされるSEO対策に踏み込んでしまったりするケースもあります。これには一時的な成果を出すこともありますが、長い目で見るとペナルティの対象になったりして、検索順位から外れる可能性が考えられます。
新規ドメインと中古ドメインの大きな違いは、ドメインエイジがないことで、新規ドメインは地道にこれを築き上げていく必要があります。新規ドメインでサイトをリリースしてから1ヶ月間くらいは、ほとんどGoogle検索順位に反映されることがなく圏外に近いケースもあります。ここで全く成果が出ないという判断をし、やめてしまったり内容を全て変える人も出て来ます。半年くらいまではこのような状況が続きますが、ドメインエイジを上げていくには欠かせないことが、質の良いコンテンツをコンスタントに上げていくことです。
これが積み重なり、質の高いドメインエイジとともにGoogle検索順位の上位表示が達成します。コンテンツの内容はユーザーに利便性があり常にオリジナリティもあることで、他のコンテンツのコピーなどをしていないことです。ユーザーからの評判も大切ですし、広告などのリンクからの評価もあります。新規ドメインでアフィリエイトを行なっていくときは、初期段階では大きな広告収入などを見込むことが難しいので、副業で始めることも一般的とされています。狙っているキーワード・競合サイトの強さや数によっては、新規ドメインだから順位が上がらないとは言い切れません。
メインで狙っている場合は副業でする必要がありますが、キーワードの順位の推移もわかります。この時期は評判に対して同様の作業しかできない場合もあり、Googleでの評価が急激に上がることもあります。適切なサイトの運用を継続していくことが、検索順位で評価を上げていくことに対して大切です。
アフィリエイトが目的ですがテーマもしっかりと確定し、サイトの運用を行う環境にします。ここへ副業としてでも時間をかけることができる状況が必要で、サイトの評価を得るには時間がかかります。アフィリエイトで成果を早く求めたい場合は、中古ドメインが適していますし、最終的にコスト削減にもつながっています。異なる特徴をそれぞれ持っているので、そのメリットとデメリットを把握して利用をしていきます。

関連記事
人気記事一覧