• ホーム
  • なぜパンくずリストは大事だと言われる?

なぜパンくずリストは大事だと言われる?

パンくずリストはユーザーにとって、現在いるページの位置を視覚的に示すものでページ上部にあります。そのほかの目的として、メニューをカレント表示することもできますしカテゴリ分けをしっかりと行なっていくことが可能なシステムです。この方法でページ構造まではユーザーから見てもわからないのですが、パンくずリストに関してはそれらも伝えることができます。現在位置を知る方法はユーザーからしてもひとつではありませんが、多くの場所で強く定着していることもあります。
これが存在しないコンテンツや、正しくない設定がされているもの稀に存在しています。SEOのカテゴリとその他のカテゴリで分類されていますが、正しい設定ではないケースもありトップページに戻ることは可能ですが、サイトの構造が把握できません。パンくずリストとしても目的を果たすことなく、ページ上に設置されていることが特徴です。ユーザビリティから見ても使いにくいため、内部対策としても良い方向に進みません。この効果が強く発揮される状況は、検索結果以外にランディングした時が言えます。
クリック率なども大切ですが、検索結果に必ず表示されることもないのでユーザーがページ以外の下の階層から流入するケースもあります。効果的に用いる方法としては、どのカテゴリ内にいてどのページなのかをすぐに理解できるようにページ上部に設置します。ユーザビリティとしてもクリック率が上がりますし。内部対策をする価値があります。SEO対策の面でも有利になりますし、パンくずリストを効果的に設置していることで、ユーザー目線で考えると瞬時に今いる位置を示すことができます。
同様のカテゴリや他のカテゴリのページまで来てもらえる確率が上がり、その結果クリック率や回遊率も上がることになるのでコンバージョンにつながっていきます。検索ユーザーにとって階層だけではなく利便性の高いコンテンツが必要になりますが、SEOとの関連性もはっきりさせていく必要があります。クローラーの巡回をヘルプする役割もありますし、検索エンジンの中で現在位置を示すことにも役立ちます。結果的に検索エンジンに対しても正しく反映されるようになりますし、サイトの構造を伝えることによって正当に評価される結果となります。
サイト上のリンクを読み取ることが大きな特徴ですが、パンくずリストがあることにより、サイトの構造を理解する確率も上がります。

関連記事