公開履歴
PCのマウスパッドを使う男性

中古ドメイン(オールドドメイン)は、過去にどのように使われていたかが鍵となります。過去に扱っていたジャンルを購入前に確認することで、大きなリスクを回避することができます。購入前に扱われていた業種や、ジャンルをある程度はチェックすることができるので、aguseなどのツールを使って確認します。
中古ドメインにはドメインエイジがあり、過去に使われていた履歴もそのまま引き継ぐシステムです。複数のジャンルに渡って運営していたものや、複数回違う業種やジャンル変更されているドメインもあり自分のジャンルに似通ったものを選択します。異なるジャンルであっても比較的効果がありますが、同一ジャンルの方が検索エンジンの上位表示されやすい傾向にあります。
ツールを使って確認することで、過去にブラックリストに掲載されていないかを知ることも必要です。これはaguseで調査したいサイトのURL・受信したメールなどのメールヘッダーを入力し、関連する情報を表示させるサービスです。興味のあるサイトを誰が運営しているのかを調べることもでき、過去の運営履歴などを調べるときに利用することも可能になります。
ブラックリストに掲載されていることが購入後に発覚すると、解除される保証がないですし自分のサイトもペナルティを受けやすい状態になります。検索エンジンにインデックスがされないことで、ブラックリストに掲載されているかどうかわかりますが、購入後に発覚するのでは既に遅いのであらかじめ確認することが良いです。
インデックスでもサイトをカテゴリー化し業種やジャンルを表しているのではなく、持っている被リンクがどのようなカテゴリーであるかに対して、影響力を持っているかも判断する指標になっています。中古site:ドメインでは業種やジャンルだけの枠組みにとらわれず、影響力を持っていることについてジャンルを特定することが先決です。検索エンジンでインデックスがされない場合は回復することに時間がかかったり、もしくは解除されないままというケースもあります。このようなリスクを取らないように、購入前にsite:ドメインの確認をしておくことが大切です。
さらに中古ドメインは取得して購入後に発覚した場合、Googleに問い合わせをして新しく別のsite:ドメインであることを知らせることもできますがそれでも確実に、ペナルティの回復がされるかは確実ではありません。

記事一覧

SEO対策に強いとされるテーマは、実際の問題としてどのようなことが優れているのかを知る必要があります...

PCのマウスパッドを使う女性の手

新しいサイトをリリースするときには新しいドメインを取得して作成することがありますが、ドメインエイジが...

PCのキーボードで入力している人

新規ドメインをアフィリエイトサイトで使用するときは、中古ドメインに比べると検索順位に反映される速度に...

クレジットカードを使用する人達

SEO対策を行うことでコンテンツの内容が大切なことはもちろんですが、Googleの検索アルゴリズムの...

PCで作業している人

Googleアルゴリズムのアップデートが行われたときに、検索順位が突然下がることがあります。それは正...